大分を牽引する住宅会社3社による新春対談2021年「これからの住まい」を紐解く

2021年1月4日 オフ 投稿者:
株式会社 住まい選びのコンシェルジュ
代表取締役 柳井 大輔さん
特集

大分を牽引する住宅会社3社による新春対談

2021年「これからの住まい」を紐解く

新型コロナの影響で、2020年は住宅業界にとっても激動の年でした。
新しい生活様式が浸透しつつある今、“大分の現場”を知る住宅会社3社にお集まりいただき、
2021年、私たちの暮らしの変化に対応する取り組みについてお聞きしました。

アイビック 株式会社エイト ベツダイ

対応力で業績が向上した2020年

アイビックホーム
プロデューサー 若林 秀伸さん 
二級建築士

柳井さん まずは去年を振り返って。今までにない1年を、どう乗り越えられましたか。
若林さん 3月頃からコロナ禍で難しい状況になってきましたね。アイビックでは総合展示場自体の来場は減っていますが、業績的には特別に落ち込むことなく、契約棟数も増加しました。中長期で検討している方の来場が減っており、できるだけ早く家づくりをしたい本気のお客さまが増えた印象です。
伊東さん エイトでは一時期、確かに来場数は減ってしまいましたが、5月からはその数も伸びています。お客さまが真剣に家づくりに取り組んでいただき、おかげさまで業績は順調でした。
相賀さん 家で過ごす時間が増えた影響もあり、ベツダイでも、新しい生活を見据えた行動を起こすお客さまが多いと感じました。イベント自体が減っているため来場者数は減少していますが、だからと言って売上が落ち込むことはなく、お客さまお一人お一人に丁寧な対応ができたと思います。
柳井さん 感染対策としてどんな工夫をされました。
若林さん お客さまの家を見学させていただく「完成見学会」については、従来は2日間限定というのが多かったですが、1ヶ月のロングラン開催にしました。完全予約制にすることで、ホームページから予約して来場するという流れの中で、お客さまの真剣度も増したような気がします。
相賀さん スタッフはもちろん、お客さまにも検温のご協力をいただく他、マスク、消毒、常に換気をする、1組限定などの対策をとって、慎重にお客さまをお迎えしました。
伊東さん 完全予約制をはじめ三密を避ける配慮を十分にしました。また駐車場から受付までの動線を考え、誰にも会わずに直接行けるように工夫したのも良かったです。

地元企業の強みと若い世代の家づくり

株式会社エイト
営業課長 伊東 貴志さん
宅地建物取引士 インテリアコーディネーター
ファイナンシャルプランナー

柳井さん 大分の住宅市場を地場から引っ張る3社ですが、全国の大手メーカーと違う取り組みなどはありますか?
伊東さん 大分のこと、大分に住む人のことをよく知っているのが強みです。地域密着で気心が知れていること、装備や性能など四角四面ではなくお客さまに柔軟に対応できるように心掛けています。
相賀さん ベツダイはハウスメーカーと工務店の中間的ポジションを意識しています。愛着を持って住んでいただけるように細やかなニーズを汲み取りながら、ご家族が安心して安全に暮らせる家をお届けしています。
若林さん お客さまはすべてが不安、人生の中で大きなお買い物だから当然です。最近、20代の若い層も家づくりを考える方が増えていますが、住宅ローンを払っていけるか?という不安を皆さま、口にされますね。それをひとつひとつ、丁寧に解消していくステップを大切にしています。
相賀さん そうですね、ベツダイでも30歳以下の方には、40年ローンを勧めています。35年が普通という概念があるので最初は驚かれますが、住宅ローンは生命保険代わりになること、今なら金利も安いし、税制の優遇制度も充実しているなど、丁寧にご説明すると「なるほど!」と納得されます。
伊東さん 若いうちから住宅ローンを払い始めるのも賢い選択だと思います。また設備については、家の空気環境を気にされるのも昨年ならではの傾向でした。熱交換型換気システムなど大手住宅メーカーと同等の提案もできます。
若林さん ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)など、補助金がもらえる住宅にも対応していますので、お客さまのご要望に応えることが可能です。お客さまのニーズに合わせやすいという面では、地元の私たちだからこそお役に立てることもあります。

after コロナに向けた挑戦

株式会社ベツダイ
住宅事業本部 本部長 相賀 勝志さん
宅地建物取引士

柳井さん 新年に際し、各社意気込みをお聞かせください。
若林さん afterコロナで世の中が変わりますが、家でどう楽しく過ごすか?という提案を行いたいです。Go Toキャンペーンで賑わったことでもわかるように、皆さま旅行に行きたい、美味しいものを食べたいという欲求がある中、その欲求を家で何とかして満たせないかと模索中です。アイビックでは3〜4月、新しいモデルハウスを設けて対応していきます。
相賀さん 昨年のことを考え時代もメーカーも変わってゆく年です。ベツダイは、歴史の中で培われたものがあり、今後も「おもてなし」を基本とする取り組みを柱にしたいと考えます。お客さまのための住まいをお届けし、住んだ後にどう楽しんでいただくかを提案していきます。1月にモデルハウスのリニューアルを行い、さらにその想いをお伝えいたします。
伊東さん 2020年9月に新しいモデルハウスをオープンしています。お客さまのニーズが変わってきているのは確かで、例えば、玄関からすぐに洗面室に行ける動線を作り、スムーズな手洗いをサポートするのも、そのひとつ。書斎をお客さまに最適なスタイルで実現するなど新しい提案もできます。
柳井さん 住み方が変わったなら、今まで以上に快適な空間づくりや提案を行い、現場を知る地元企業だからこそ柔軟に対応していこうという姿勢を感じました。ご協力ありがとうございました。

「大分」を地場から引っ張る会社として、世の中の流行りだけでなく、地元企業だから分かる等身大の家づくりを目指します。

ZERO-CUBE+FUN

誕生から10年以上の独自ブランド「ZERO-CUBE」。
2021年1月にunicoの家具でスタイリングされたモデルハウスへリニューアル行い、
時代のニーズに合わせたコラボ商品や自分スタイルを追求します。

ベツダイ

大分県大分市向原東2丁目2番30号
  0120-252-737
https://betsudaihome.jp

eigen

空間の広がりを感じさせる視覚効果と、
お洒落なデザイン性とを兼ね備えた「スケルトン階段」を
リビングに採用しています。

株式会社エイト

大分県大分市下郡中央1丁目2番20号

TEL:0800-200-2588

https://eito-h.com

屋上住宅(FUN)

屋上住宅(FUN)はその名の通り楽しさを大切にした住まい。
空間を高低差で分ける多層構造は家族の距離感を絶妙につなげます。

アイビックホーム

大分県大分市寺崎町2丁目3番6号

0120-310-931
https://www.ibichome.jp


App Storeからダウンロード
Google Play