[施工事例 04]統一感が生み出すゆとり コンフォートビュー赤坂 Y邸 エイト

2021年8月27日 オフ 投稿者:
株式会社エイト大分営業所

大分市下郡中央1丁目2番20号
https://eito-h.com/
お問合せは/フリーダイヤル.0800-200-2588

統一感が生み出すゆとり コンフォートビュー赤坂

こだわりのデザインと暮らしやすさを両立

キッチンやリビングを仕切らず、どこにいても家族の気配を感じられる間取りによって
“つながり’’をもたらす空間は、子どもたちが元気に走り回れる遊び場としても大活躍。
笑顔にあふれた暮らしは、好みのインテリアでさらに上質で快適な日常をもたらします。

トイレの手洗いにもタイルでアクセントを。
洗面台は玄関から直接行ける設計。
広々としたキッチン台にもタイルを採用。調理のしやすさとデザイン性を備えている。

スケルトンのリピング階段上部は、吹き抜けで開放的に。
外構を含めてトータルコーディネートした外観。三角屋根も奥さまのお気に入り。
「家族で過ごす時間がより楽しくなりました」と奥さま。

好きなカラーや素材を軸に理想を詰め込んで

2色づかいの外壁が印象的なY邸は、シンボルツリーなど外構にもこだわりが垣間見える家。モデルハウスを見学したり、SNSで情報収集をしたりしているうちに、「デザイン重視の家にしたいんだ、と自分の考えがまとまっていきました」と、好きなカラーや素材を詰め込んだ家を建てることを決意。
寒色系が好みの奥さまの希望通り、グレーやネイビーなどをメインに取り入れて落ちついた印象に。
特にタイル選びには時間をかけたそうで、「色やサイズによってはかわいくなってしまう。プロのアドバイスで、理想通りに仕上がりました」と満足の様子。さらに、照明や階段の手すりなどインテリアのポイントになる素材はアイアンで統一し、スタイリッシュな空間にしました。

家族のつながりを重視した間取りと空間づくり

「生活感を見せたくない」という奥さまの思いから、洗面台と浴室を分けて配置。
友人を招くことが多いからこそ配慮したポイントです。また、LDKは仕切りをなくして大空間に。「子どもが小さいうちは様子を見ながらキッチンに立てるし、成長しても家族のつながりを大切にしてほしい」と採用したリビング階段も、「家族がきちんと顔を合わせること」を重視する上で外せないこだわりでした。開放的な吹き抜けの高窓からの陽光が注ぐリビングで、子どもたちがのびのびと遊ぶあたたかい日常が育まれています。


アプリADDRESTのダウンロードはこちら

App Storeからダウンロード
Google Play