深呼吸したくなる檜の家 新・京が丘T邸

2021年5月28日 オフ 投稿者:

木の香りに包まれる心地よさを体感する毎日

無垢檜を贅沢にあしらった落ち着いた住まい。玄関扉を開けた瞬間に檜の香りが漂い、
まるで森林浴をしているような感覚に癒やされるやさしさを日常に。
年月を経ても、家族をつなぐ変わらない心地よさ。それが檜の住まいのよさです。

国産無垢檜を贅沢に使った深呼吸したくなる我が家

 玄関から直線に続くLDK。中庭に添うようにL字型に配された大きな窓からのやさしい陽光に加えて、北側にとった高窓からの採光も重なり、やさしい自然光が注ぎます。床にはダーク系、天井や造作家具にはナチュラル系と2色の木材を用いたことで、そのコントラストが美しさと高級感を演出。裸足で歩きたくなる心地よさも、無垢木材ならではの特長です。
 家族が並んで立っても余裕の広々としたアイランドキッチンの背面には、上下に造作棚を設置。ナチュラルカラーで統一されているので圧迫感がなく、パントリー不要の収納力を確保しました。棚のひとつにはエアコンを収納し、自然に包まれるインテリアの印象を保ちながら、ホコリや汚れを防ぐメリットも。ダイニングテーブルはキッチンと横並びにすることで、配膳が横移動でラクにできるよう工夫されています。

おうち時間をより豊かにする将来まで見据えた平屋建て

 終の住処として選択した平屋建てでは、ワンフロアならではの家族のつながりが育まれます。リビングを中心に、西側に主寝室、東側に子ども部屋を2部屋配置することで、プライベートな空間を考慮しながら、リビングに集う家族との時間を大切にできる設計です。主寝室の横に配したランドリールームにも全面に無垢檜材を採用。上部にとった窓からの光が木に反射し、やわらかい明るさをもたらします。さらに室内干し用のポールを設置して家事負担を軽減。機能性も大切にした、モダンな住まいです。


アプリADDRESTのダウンロードはこちら

App Storeからダウンロード
Google Play